LGBTQI

LGBTQIの人達が働く醸造元のワインコンテストが、この度初めて、性の多様化の認知活動の一環として、5月に行われる。しかし、SNS上で、批判と嘲笑のコメントが寄せられている。このビデオには、ホモセクシャルのパートナーが紹介され、愛らしいピンクのトラクターで、ブドウの世話をしている様子が見られる。彼らがコンテストに出展するワインは、ロゼと白。全体で9つの蔵元が参加し、優勝すれば500本が買い上げられ、年間通して、イヴェントなどで使われることになる。国は、性の多様性に対するナイーヴな社会の反応と、昨年、水害のあったワイン醸造所のことを配慮すべきとした。ただし、さまざまな性のスタイルと、その人たちの造るワインの品質は、全く関係がないことにも念を押している。ビデオの男性パートナーは、このコンテストの参加に喜びを感じており、我々は他の人たちと何ら変わらない、普通の人間であると主張している<2022,4,18>。

ドイツのピノノアール

最近、こんな記事を見た。フランスのブルゴーニュ地方の蔵元は、畑名のないブルゴーニュ・ルージュをドイツへ輸出したがらないそうである。その理由は、ドイツのピノノアールの品質が向上しているのに加えて、ドイツの酒屋が、その畑名なしのブルゴーニュ・ルージュの価格を下げて売らないからだと言う。つまり、本家のフランスの方が、まずく感じてしまうことを恐れているらしい。確かに、7,000〜8,000円のドイツのピノノアールは、そこそこのブルゴーニュ・プルミエ・クリュ相当の味わいはある。今後の更なるドイツのピノノアールの発展を期待する。<2022,9,26>

ベーマーマン

今回、ドイツのコメディアン「ベーマーマン」が、例の強烈な皮肉を連発し、ワインを槍玉に上げた。ワインは、教養ある博識そうに見せる最高のトリックである。ワインを好む者は、主に有名人や役職者、ブランドまみれのOLで、匂いを嗅ぎながら、いまいましい言葉を並べ立て、彼らは決して黙って飲むことができない。特に、ドイツのワイン愛好家は、よくゲーテの詩を引用し、ワインを飲むことを正当化する。一方、ビールを飲む者は、酔っぱらおうが、へべれけになろうが、一向に構わない。ビールは、ソーセージで気軽に飲める労働者の酒だ。彼らは、ずる賢くない。その後、畑に撒かれる農薬や、ワインに味付けする酵母や酵素の話、ワインの清澄に使われる動物由来のゼラチン物質の話を持ち出し、ワインは、決して自然の産物ではないこと、ロマンティックでも、文化的でもないことを、いつものベーマーマン節で唱えた。最後に語られたワインの空き瓶の補償金については、考えさせられることもあったが、いずれにしても、上記の添加物のことは食品業界では既知のこと。その中でも、より自然に則して造る生産者を選ぶことを私はお薦めする(2022,11,12)。