• Yoko Yoshimoto

『ラズベリー・ドリーム』

最終更新: 11月19日



ある結婚式場で出たコース料理のこと。終わりのデザートにムースが出てきた。そこに乗っかっていたのは、ラズベリー。和名は、ヨーロッパキイチゴ。ドイツでは、ヒンベーレという名で、初夏の青空市場などで、新鮮なものが簡単に手に入る。そのラズベリーやスタッヘルベーレ(セイヨウスグリ)など、ベリー系果実は、ワインの味を表現する言葉によく出てくる。

ラズベリーは、赤い色をした、なんとも可愛らしい酸っぱみのある木の実。今回のデザートの甘さを引き締めた。その時、私はすぐに、あるワインを思い出した。ジークリスト家のドルンフェルダー2015年産だ。あえて、2015年産と記したのは、2014年産には、その酸味があまり見られないからだ。このワインが到着したばかりの頃、私はこの酸味が気になっていた。日本人は、とかくワインの酸味にクレームをつけるものだ。なぜ、2015年は、そんなに酸を感じるのだろうと、蔵元に質問しても、その酸に触れる答えはなかった。だが、その理由が、このムースに乗っかっていたラズベリーを食べて分かった。つまり、この酸味は、ヨーロッパ人にとっては、馴染みのある酸なのである。

私は、「ラズベリー」と聞くと、レベッカの「ラズベリー・ドリーム」という曲を思い出す。1980年代後半に活躍したバンドのヒット曲。女性ヴォーカルのロックグループの先駆けとも言えるだろう。思春期の女の子が、親に内緒で着飾って、夜の街に飛び出すという内容。ちょっと不良っぽく、ちょっとセクシーっぽく見られたいという、背伸びをした女の子の気持ちを描いている。そんな10代の少女の気持ちを、見た目も酸みも可愛らしい、けれども、ツンとした酸っぱ味のある、ラズベリーに例える感性は素晴らしいと思う。






ヴィンテージ  2015

品種     ドルンフェルダー

アルコール   12,5%

酸       5,9g/l

残糖      0,1g/l

飲用温度    12-15℃

価格      時 価

5年経過にもかかわらず、色鮮やか

で、香り立つ。フルーティーで、ク

リスピー。石(ミネラル)とハーブ

とラズベリーのニュアンス。食の進

むワイン。








作;Yoko Yoshimoto

週6日営業 水曜定休

【配達時間】12:00〜15:45

【開店時間】16:00〜19:30

お問い合わせ ☎︎  053-461-2895 

​                〒430-0856  静岡県浜松市中区中島2-4-1 (有)平野酒店
           浜松ドイツワイン文化協会事務局